心房細動とは?

【心房細動とは】

心房細動は脳梗塞の原因となる不整脈です。心房細動が原因の脳梗塞を心原性脳塞栓症と言います。心原性脳塞栓症は重症な脳梗塞になることが多く予防が重要です。以下、やや難しくなりますが、なるべくわかりやすく詳しく説明していきます。

【心原性脳塞栓症とは】

心房細動という不整脈があると、心臓の中の左心房という場所に、血液の滞りが続き、血液の塊、血栓が出来やすくなります。なぜかと言うと、血液は、出血に備えて、流れていないと固まる、凝固する性質をもともと持っているからです。心臓に出来た血栓は、左心房、左心室、大動脈、総頚動脈、内頚動脈と、血管の中を血流に乗って飛んでいき、脳の血管まで辿り着き、最終的に脳の血管に詰まると脳梗塞に至ります。小指の爪くらいの大きさの血栓であっても脳の半分の血管が一本詰まってしまうくらい、重症な脳梗塞になってしまいます。小渕総理は心房細動による脳梗塞で命を落としました。野球の長嶋監督、サッカーのオシム監督は命は助かったものの後遺症が残ってしまいました。重症な脳梗塞とは、2割は命が助からず、救急車で運ばれてすぐに最善の治療をしても、2割は寝たきりか要介護の状態に、5割の患者さんは何らかの後遺症を残ってしまい、今まで通りの社会生活に復帰出来る場合はほんとわずか、というのが心原性脳塞栓症を起こしてしまった場合の予後です。ですので、なんとしても脳梗塞が起こすのを防ぐことが重要です。これが心房細動を放置してはいけない理由です。

【心房細動の検査】

心房細動の診断は心電図検査によって行います。心房細動は症状はほとんどないか、あっても動悸や脈が乱れる感じを自覚する程度ですが、自覚症状があるかどうかと脳梗塞の発症リスクは関係なく、脳梗塞予防が必要です。加齢、高血圧症、喫煙、飲酒、ストレス、睡眠不足、甲状腺機能亢進症などが関係していることがありますが、最も多い要因は加齢と高血圧症です。今までに健診で心電図異常を指摘されていることも多いですので、健診で心電図異常を指摘されていたら、放置せずに必ず主治医に相談しましょう。また、検診を何年も受けていなければ年に一回は検診を受けましょう。心房細動が見つかった場合、心房細動を引き起こす何らかの原因疾患がないか、心臓の弁に異常がないか、など必要に応じてさらに詳しい検査を進めることがあります。一回の心電図検査で不整脈が捕まらない場合や、症状や夜間や睡眠時に起こる場合は、24時間の心電図検査、ホルター心電図検査を行う必要があります。一過性の場合は様子を見ることもありますが、持続性、慢性、永続性になると、脳梗塞予防のための治療を行う必要があります。

【心房細動検出アプリ】

最近はスマートホンで脈をチェック出来るアプリがあります。医療機器ではありませんが、脈のセルフチェックに役に立ちます。お茶の水内科開発の心房細動検出アプリ「ハートリズム」を紹介します。

icon1024

http://ochanomizunaika.com/heartrhythm

お茶の水内科が開発した日本初の心房細動検出アプリです。無料ですので、ぜひご自由にご活用ください。心房細動の早期発見の目的の他にも、動悸症状の時に脈に異常がないかどうかのチェック、心房細動アブレーション治療後の再発チェックなどにも使えるようです。開発時には意図していませんでしたが、リラックス出来ているかどうかの自律神経機能、ウソ発見器にも使えるみたいです。いずれにせよ、脈に何らかの異常がありそうな場合は必ず医療機関を受診し、心電図検査を受けましょう。